スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


棋聖戦“盤寿シリーズ” 羽生棋聖が先勝(産経新聞)

 羽生善治棋聖(39)=名人・王座=に深浦康市王位(38)が挑戦する産経新聞社主催の将棋タイトル戦「第81期棋聖位決定五番勝負」の第1局は8日午前9時から、島根県奥出雲町の亀(かめ)嵩(だけ)温泉「玉峰山荘」で行われ、午後6時28分、103手までで先手の羽生が先勝した。持ち時間各4時間、残りは羽生25分、深浦7分。第2局は18日、兵庫県洲本市の「ホテルニューアワジ」で行われる。

 盤の升目(9×9)と同じ81期の“盤寿”のシリーズ開幕局。先手後手を決める振り駒は、通常は記録係が行うが、正立会人の米長邦雄永世棋聖の発案で、タイトル戦では初めてとなる、主催の産経新聞社の住田良能社長が行った。

 その結果、表(歩)が4枚出て羽生棋聖の先手と決まった。戦形は角換わり腰掛け銀同型に進み、両者研究済みとあってスイスイと進んで63手目の▲2二歩で昼の休憩。「互いに研究のぶつけあい。どこで新手が出るかが焦点」と、副立会人の井上慶太八段が語った。

 再開後、深浦が2手交換した後に指した68手目△4一玉が新工夫。時折両手で頭髪をかきあげて考える羽生、深浦は頭を下げて長考に沈む。深浦は70手目、4九に飛車を打ち込んで反撃に転じたが、羽生は慎重に応接し、最後は一手勝ちした。

【関連記事】
81期棋聖戦 棋界初“盤寿のタイトル戦”
深浦王位が挑戦権 棋聖戦
羽生棋聖就位式 通算8期目の栄冠祝う
訪れるか将棋界「Xデー」 棋聖戦観戦記 
看板棋士は忙しい 棋聖戦防衛の羽生善治さん
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

渋滞最後尾に追突、3人死傷 首都高 (産経新聞)
タイで拘束の男逮捕=不法入国助けた疑い―千葉県警(時事通信)
逮捕の警部補を懲戒免職=捜査資料で連絡、わいせつ容疑―新潟県警(時事通信)
菅首相 沖縄県知事と15日に会談(毎日新聞)
菅首相が所信表明演説 財政再建へ超党派会議 年金議論 消費税上げ視野(産経新聞)

<雑記帳>鍋やおたまとファッションが融合(毎日新聞)

 東京コレクションなどで注目される国内の気鋭デザイナーたちが、ステンレス製の調理器具をファッションに織り込んだ「鍋のファッションショー」が2日、東京都内のホテルで開かれた。

 ドイツのキッチン用品メーカーが新作圧力鍋の発表会として企画。モデルたちは小鍋やおたまをバッグのように手に提げたり、たくさんのザルやフォーク、泡立て器をあしらったドレスを披露した。

 主役の圧力鍋も、16年ぶりにデザインを一新。「外見だけが変わっても……」と、ため息ばかり出てしまう永田町とは違い、「機能性のアップでも、期待は裏切りません」という。【田村佳子】

【関連ニュース】
◇ファッションショーの写真特集 JAL:歴代CA制服が勢ぞろい ファッションショーで紹介
◇ファッションショーの写真特集 ロボットが花嫁になった日 桂由美さんのショーでウエディングドレス姿
◇ファッションショーの写真特集 パルコ:水着ショーで4ブランドの最新ビキニなど披露
◇ファッションショーの写真特集 東京スーパーモデルコンテスト:グランプリに福岡の高校3年生
◇ファッションショーの写真特集 潮田玲子:ファッションモデルデビュー

滋賀県知事選、ダブル選ならず選管困惑(産経新聞)
社会保障維持は困難でも費用負担増は嫌―少子化で社会人意識調査(医療介護CBニュース)
辞任、10日前ごろから考慮=鳩山首相(時事通信)
辞任表明を受け、近日中に民主党代表選を開催(産経新聞)
「猫の目」教員免許、先読めず現場困惑(読売新聞)

理不尽な退職、許しません=市長らの退職金減額条例―横浜市議会(時事通信)

 横浜市議会は27日、問題があると議会が認めた場合に、市長や副市長の退職手当を減額できるようにする関連の改正条例を自民、民主、公明、共産各党の賛成多数で可決した。中田宏前市長が昨年8月に任期途中で突然辞任したことを受け、自民が議員提案していた。
 中田氏の突然の退任には、「市政の放棄」といった批判も出たが、規定の満額の約3600万円の退職金が支払われており、減額条例は適用されない。 

<WHO>臓器提供指針案を採択(毎日新聞)
<薬物依存症>現状説明と治療のためのフォーラム 名古屋で(毎日新聞)
将棋 現役最高齢棋士の有吉九段引退 「火の玉流」の異名(毎日新聞)
口蹄疫 大阪府が全農家に消石灰配布へ(産経新聞)
赤松農水相の不信任案、自公共同提出で一致(産経新聞)

宝くじ関係4事業を廃止=公益法人仕分け2日目(時事通信)

 政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)は21日午後、公益法人などを対象にした事業仕分け第2弾の後半戦の作業を続けた。宝くじの収益の一部を財源とする日本宝くじ協会など総務省所管3団体をまとめて取り上げ、各地の市町村振興への助成など4事業を「廃止」と判定した。
 日本宝くじ協会と自治総合センター、全国市町村振興協会は、都道府県などが発行する宝くじの収益の一部を原資に活動。宝くじ協会と同センターは、宝くじの普及宣伝を兼ねて地方自治体や公益法人にそれぞれ助成。振興協会は市町村への助成事業のほか、宝くじの販売促進事業を実施しているが、いずれも廃止とされた。
 仕分け人は、旧自治省事務次官らが3団体の理事長を務め、2000万円近い報酬を得ていることを指摘。自治体などへの資金配分に3団体が介在し、宝くじ収益の一部が役員報酬に充てられている仕組みの改善を求めた。3団体側は、伊藤祐一郎鹿児島県知事や佐竹敬久秋田県知事らが強く反論したが、同会議は「天下り役員の高収入、複雑な交付形態などの問題が解決されるまでは、宝くじの発行を認めない」よう、原口一博総務相に求めた。
 海外運輸協力協会(国土交通省所管)が海外で行っている交通インフラ整備の技術協力も「政府開発援助(ODA)全体の戦略の中で在り方を見直すべきだ」として、「廃止」とした。 

【関連ニュース】
国家公務員の新規採用39%減=11年度、半減目標達成できず
哨戒艦事件で危機管理対応指示=原口総務相
電力メーター検定「独占見直し」=144億円国庫返納
「前政権のこと」激しい応酬=電気工事技術講習センターめぐり
事業仕分けの結果(20日)

自宅で女性死亡=殺人事件で捜査、三男不明―兵庫県警(時事通信)
新荒川大橋緑地に巨大花文字「KITACITY」(産経新聞)
「普段の下痢」…宮崎県が口蹄疫発生見逃し(読売新聞)
【関西印 うまいもん】オムライス ふわとろっ、老舗の集大成(産経新聞)
<リコール>折りたたみ椅子で指切断1件 1073台回収へ(毎日新聞)

6月にショートステイ整備事業の説明会―東京都(医療介護CBニュース)

 東京都は、短期入所生活介護(ショートステイ)の施設を整備する今年度と来年度の事業説明会を6月7日に開催し、整備費補助の条件などを説明する。ショートステイは介護者の急病など、要介護者の緊急時の受け入れ先として整備の必要性が高まっていることに対応する狙い。

 厚生労働省の調査によると、短期入所生活介護(ショートステイ)は昨年度には6957施設で、前年に比べ5.3%増加している。介護予防居宅サービス事業所の中では、通所介護施設に次いで需要が伸びている。

 需要増加を受け、都は今年度から2か年計画で整備費補助事業を実施。今年度は3億2000万円の整備費を確保した。今年度2回(10月、12月)、来年度1回(来年6月)で合わせて4億9000万円を投じ、126人分を整備。残りは来年度に追加で実施する。総額9億7000万円、250人分の事業となる見込み。

 説明会の対象はショートステイや有料老人ホームなどを運営する事業者、土地所有者、区市町村職員など。補助の条件は、定員20人以上のショートステイ専用施設と有料老人ホームなどに併設する施設で、定員1人当たり387万円を補助する。喀痰吸引などの医療的ケアを提供する体制の確保なども要件に加えることも視野に入れている。

 時間は午後2時から。場所は文京区の東京都社会福祉保健医療研修センター。申し込みはファクスで、締め切りは5月25日。


【関連記事】
「介護サービス情報の公表」制度でシンポ
男は「妻」、女は「プロ」に介護されたい─ヒューマが意識調査
福祉サービスへの苦情、横ばいの2500件余−全社協調査
「介護事故」の定義を明確に―日本介護福祉士会
介護サービスを選ぶポイントを紹介−東京都

沙也さんの心臓移植、米で無事終了…容体も安定(読売新聞)
<日中戦争>憲兵の手紙424通公開(毎日新聞)
民家火災、独居72歳?死亡 神戸・垂水(産経新聞)
CO2濃度、最悪を更新=87年以降毎年−気象庁(時事通信)
<京都夫婦殺害>失跡の娘巡り口論 容疑の娘婿逮捕(毎日新聞)

独法、きょうから仕分け第2弾(産経新聞)

 政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)は23日から、独立行政法人(独法)を対象にした「事業仕分け第2弾」をスタートする。予算編成のための財源捻出(ねんしゅつ)が目的だった昨秋の「第1弾」とは打って変わり、官僚OBの天下り状況や運営の透明性、民間への移管の可否などが焦点となる。

 前半戦は23日と26〜28日の計4日間。独法47法人の151事業が対象で、科学技術やエネルギー、社会保障、住宅など幅広い分野にわたっている。前回同様、蓮舫参院議員ら与党3党の国会議員8人と民間有識者32人の計40人が「仕分け人」となり、「廃止」「見直し」「民間委託」などの判定を下す。

 一方、公益法人を対象にした後半戦は別途5月下旬に実施される。いずれも東京・日本橋の「TKP東京駅日本橋ビジネスセンター」で行われ、民間事業者によるインターネット中継も予定されている。

【関連記事】
国会は事業仕分けの聖域なのか
仕事かぶる? 仕分けられるか「消費者行政」
自民も事業仕分け強化 政府に対抗、河野氏ら
23日から事業仕分け第2弾 初日はJICAなど9独法
カラダの“事業仕分け”完了!?杉田かおる変身のワケ
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

強盗殺人容疑で長男の元妻を逮捕 山口78歳女性殺害(産経新聞)
<独立行政法人>契約額の65%が随意発注 毎日新聞集計(毎日新聞)
虚偽説明でマルチ会員勧誘=エナジックに業務停止命令−消費者庁(時事通信)
<公務執行妨害容疑>元道警部長逮捕、警官2人殴る 群馬(毎日新聞)
「金を出せ!アホんだら!」コンビニ強盗、10万円わしづかみ(産経新聞)

<火山噴火>全日空、日航が一部便を欠航(毎日新聞)

 アイスランドの火山噴火で火山灰が欧州北部各地に広がった影響で、全日空は16日の成田発ロンドン、パリ、フランクフルト行きの計3便とその折り返し便、日本航空は同路線にアムステルダム便を加えた4便とその折り返し便の欠航を決めた。

 成田空港会社によると、ブリティッシュ・エアウェイズなど海外の航空会社4社もロンドン便など計4便の欠航を決めた。【百武信幸】

【関連ニュース】
火山噴火:ロンドン便などANA欠航へ
全日空:副操縦士からアルコール検出 出発遅れる
全日空:社長が公的資金の使途で日航を批判
全日空:最終赤字650億円に拡大…3月期予想
全日空:B787の整備士養成訓練公開 今秋納入の新型機

22日から急激に冷え込み…気象庁が農作物被害に注意呼びかけ(産経新聞)
火山噴火 日航、全日空が欧州便再開 旅行客らで成田混雑(毎日新聞)
“豪快”三宅雪子氏に与野党どよめき(スポーツ報知)
<育児休暇>「母は偉大だと痛感」 復帰の文京区長が感想(毎日新聞)
全国学力テスト、7割が参加=抽出調査に移行−文科省(時事通信)

検討委の結論「遅くとも連休明けに」=諫早湾堤防開門調査で−赤松農水相(時事通信)

 赤松広隆農林水産相は15日、国営諫早湾干拓事業(長崎県)の潮受け堤防排水門開門調査の是非を議論している検討委員会(座長・郡司彰農林水産副大臣)について「早ければ4月末、遅くとも連休明けには(結論を)出してもらう」と述べた。その上で「参院選前には(政府として)方向性を出す。そうでなければ国民への裏切りだ」との考えを改めて示した。同事業視察のため訪れた長崎県諫早市で記者会見し語った。
 一方で、開門する場合に備え現在進められている環境アセスメントについては「最低1年間はやらないといけない。来年の4月か5月をめどに結果を出してもらう」とし、実際の開門については「アセスの結果を待ってから」と述べた。 

【関連ニュース】
有明海ノリ養殖を視察=諫早干拓の周辺県訪問
中村新長崎知事が就任会見=「責任重大と実感」
諫早湾干拓、与党3党加えて協議へ=農水相
諫早湾開門、白紙で議論を=鳩山首相
早期の計画段階でもアセス実施=環境影響評価法で改正案

民主岐阜県連、体制刷新求め党本部に意見書(読売新聞)
<水死>75歳男性、揖斐川で投網漁中 岐阜(毎日新聞)
なぜ長引くのか アイスランド噴火の影響(産経新聞)
「日米同盟3年持たぬ」 正論大賞・佐瀬昌盛氏が講演(産経新聞)
生活センター理事長、結局政務三役が選ぶ(読売新聞)

受信契約拒否のホテル経営会社、NHKが提訴(読売新聞)

 NHKは15日、受信契約の締結を拒否している千葉県内のホテル経営会社を相手取り、契約締結と4か月分の受信料計約197万円の支払いを求める民事訴訟を、千葉地裁松戸支部に起こした。

 NHKによると、この会社に対して昨年度中に訪問11回、文書9回の説明を行ったが、契約を拒否された。同社は二つのホテルを経営、計367の客室に地上放送の受信機がある。

 NHKによる契約締結などを求めた民事訴訟は、昨年6月に埼玉県内のホテル経営会社を相手取ったケースに続き2件目。この時は、同社が昨年7月に受信契約書を提出し、受信料支払いに応じたため、NHKが訴えを取り下げた。

1歳男児が変死=母が119番−大阪(時事通信)
地下鉄駅前で覚せい剤密売=容疑で自称イラン人3人逮捕−警視庁(時事通信)
外国人の歯科医師、看護師などの就労年数制限、撤廃へ―法務省(医療介護CBニュース)
「政官業」の癒着を一刀両断=竹光を手に宣言−鳩山首相(時事通信)
武市瑞山あて書状を公開=各藩志士の連携説く−竜馬が届ける・高知(時事通信)

井上ひさしさん死去 父の芝居、継続して上演…三女が会見(毎日新聞)

 井上ひさしさんの三女で劇団「こまつ座」社長の井上麻矢さん(42)が11日、劇団事務所(東京都台東区)で会見し、父の“最後の言葉”を明らかにした。「『作品を読んでもらうこと、劇場に足を運んでもらうことが僕の幸せ』と言って旅立ちました」

【写真で見る】追悼 井上ひさしさん

 麻矢さんによると、井上ひさしさんは、肺がんと診断された直後の昨年11月から、抗がん剤治療を受けた。その治療は終わったものの、体力の消耗が激しくなった今年3月半ば、神奈川県内の病院に再入院。4月9日朝に帰宅したが、夕方に容体が急変した。妻のユリさん(57)、麻矢さん、大学1年生の長男佐介さん(18)の3人に見守られながら、眠るように息を引き取ったという。

 麻矢さんは「親子というのを越えて尊敬できる父でした。井上芝居を継続して上演するよう言いつかっています。こまつ座はその遺志を受け継ぎ、活動を続けていきますので、その姿をみなさまに見守っていただき、一緒に歩いてくださったら」と語った。

 出身地の山形県川西町にある遅筆堂文庫、山形市の劇場シベールアリーナ、中学・高校時代を過ごした仙台市にある仙台文学館、かつて住んでいた千葉県市川市の同市文化会館には11日、記帳台が設けられた。井上さん作「夢の裂け目」を上演中の新国立劇場(東京都渋谷区)も今後、記帳台を置く予定。

【関連ニュース】
【死去の一報】井上ひさしさん:9日に死去、75歳…小説家・劇作家
特集ワイド:昭和の主人公たち ドン・ガバチョ(2007年8月13日夕刊)
帰りたい:私だけのふるさと 井上ひさしさん(2008年5月8日夕刊)
今、平和を語る:小説家、劇作家 井上ひさしさん(2008年2月4日夕刊)
ひと:井上ひさしさん=文化功労者に決まった作家・劇作家(2004年10月31日朝刊)

<与謝野氏>新党結成、月内にも 平沼氏との連携視野(毎日新聞)
ノーベル賞下村さん、母校にメダル=「元気を出して」とレプリカ展示−長崎大(時事通信)
北朝鮮の黄元書記と中井担当相が会談 夕には家族会と(産経新聞)
個人情報5人分 ケアマネが紛失(産経新聞)
首相、寄付税制のマニフェスト盛り込みに前向き(産経新聞)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
ショッピング枠現金化
携帯ホームページ
審査 甘い キャッシング
競馬情報
パチンコ攻略
探偵
債務整理無料相談
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM