<< <滑川市長選>前市議の上田昌孝氏が初当選(毎日新聞) | main | 個所付け資料漏洩に前原氏「非常に遺憾」 異なる資料提出に自民「偽資料事件だ」(産経新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


永田死刑囚 脳腫瘍悪化(産経新聞)

 昭和46〜47年にかけて起きた一連の連合赤軍事件に絡む大量リンチ事件で殺人罪などに問われ、死刑が確定している元連合赤軍幹部の永田洋子(ひろこ)死刑囚(65)が、脳腫瘍(しゅよう)が悪化し、面会者が訪れても相手が判別できないほどになっていることが11日、分かった。元赤軍メンバーら関係者らによる集会で明らかにされた。

 一方、集会にはハーグ事件などで懲役20年の高裁判決を受けて上告中の日本赤軍元最高幹部、重信房子被告(64)も「生きて再会を念じています」などとするメッセージを寄せた。

 集会は2月上旬、京都市で開催。元日本赤軍や元連合赤軍、よど号グループのメンバーと支援者ら約40人が集まった。

 永田死刑囚は昭和59年に手術を受けた。さらに数年前にも再手術し、一時は危篤にも陥ったという。現在は視力をほとんど失った上、面会者を認識することも難しい病状だという。

 判決などによると、永田死刑囚は組織を抜けた仲間2人を絞殺したほかリンチで仲間11人を殺害、1人を死亡させるなどしたとして、平成5年に死刑が確定している。

【関連記事】
作家、立松和平氏が死去 「遠雷」「毒−風聞・田中正造」など
日本赤軍元最高幹部 重信房子被告 「世界変えるといい気に」
ぼくは二十歳だった 40年前と40年間
カップヌードル発売 浅間山荘事件で爆発的大ヒット
還暦過ぎても革命家…彼はラーメンをすすっていた

<四国電力>伊方原発3号機 MOX燃料取り付け作業始める(毎日新聞)
たまゆら火災ずさん管理「避難路灯油タンク」(読売新聞)
国会議員アンケート 論拠弱い賛成派 結びつかぬ「納税」と「参政権」(産経新聞)
次期改定は「チーム医療への評価の第一歩」(医療介護CBニュース)
北が送金 朝鮮学校へ460億円 半世紀以上 高校無償化に影響(産経新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • 16:40
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
リンク
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
ショッピング枠現金化
携帯ホームページ
審査 甘い キャッシング
競馬情報
パチンコ攻略
探偵
債務整理無料相談
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM