<< 6月にショートステイ整備事業の説明会―東京都(医療介護CBニュース) | main | 理不尽な退職、許しません=市長らの退職金減額条例―横浜市議会(時事通信) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


宝くじ関係4事業を廃止=公益法人仕分け2日目(時事通信)

 政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)は21日午後、公益法人などを対象にした事業仕分け第2弾の後半戦の作業を続けた。宝くじの収益の一部を財源とする日本宝くじ協会など総務省所管3団体をまとめて取り上げ、各地の市町村振興への助成など4事業を「廃止」と判定した。
 日本宝くじ協会と自治総合センター、全国市町村振興協会は、都道府県などが発行する宝くじの収益の一部を原資に活動。宝くじ協会と同センターは、宝くじの普及宣伝を兼ねて地方自治体や公益法人にそれぞれ助成。振興協会は市町村への助成事業のほか、宝くじの販売促進事業を実施しているが、いずれも廃止とされた。
 仕分け人は、旧自治省事務次官らが3団体の理事長を務め、2000万円近い報酬を得ていることを指摘。自治体などへの資金配分に3団体が介在し、宝くじ収益の一部が役員報酬に充てられている仕組みの改善を求めた。3団体側は、伊藤祐一郎鹿児島県知事や佐竹敬久秋田県知事らが強く反論したが、同会議は「天下り役員の高収入、複雑な交付形態などの問題が解決されるまでは、宝くじの発行を認めない」よう、原口一博総務相に求めた。
 海外運輸協力協会(国土交通省所管)が海外で行っている交通インフラ整備の技術協力も「政府開発援助(ODA)全体の戦略の中で在り方を見直すべきだ」として、「廃止」とした。 

【関連ニュース】
国家公務員の新規採用39%減=11年度、半減目標達成できず
哨戒艦事件で危機管理対応指示=原口総務相
電力メーター検定「独占見直し」=144億円国庫返納
「前政権のこと」激しい応酬=電気工事技術講習センターめぐり
事業仕分けの結果(20日)

自宅で女性死亡=殺人事件で捜査、三男不明―兵庫県警(時事通信)
新荒川大橋緑地に巨大花文字「KITACITY」(産経新聞)
「普段の下痢」…宮崎県が口蹄疫発生見逃し(読売新聞)
【関西印 うまいもん】オムライス ふわとろっ、老舗の集大成(産経新聞)
<リコール>折りたたみ椅子で指切断1件 1073台回収へ(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • 10:45
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
ショッピング枠現金化
携帯ホームページ
審査 甘い キャッシング
競馬情報
パチンコ攻略
探偵
債務整理無料相談
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM